報告

令和2年度の報告

1月23日、30日保育士就職支援セミナー

  • 日時:1月23日(土曜日)、1月30日(土曜日)10:00~15:00
  • 場所:ソレイユさがみセミナールーム1
  • 対象:保育士の仕事に就業したいと考えている方

保育士就職支援セミナーは1月23日、30日(土)の2日間にわたり、ソレイユさがみで行われた。
1日目は、相模女子大学の浅見先生より「赤ちゃんの保育」について、保育指針に基づきながらお話頂いた。コロナ禍の中の保育のあり方にも触れながら現場でどのように保育士が対応していくべきか考え、学ぶことができた。
「こどもの事故防止・安全対策」について市内の保健師さんよりお話頂き様々な場面において注意する面や多くの情報を教えて頂いた。1日目のしめくくりには、和泉保育園の保育士さんより手遊びやエプロンシアターをいっしょに楽しみ保育士の実践に触れることができた。
2日目は、和泉短期大学の先生方からの講義。3コマの講演であったが、関連づけされ連携された講義であった。矢野先生より「気になる子との関わり」についてお話頂き、横川先生からは「保護者対応の大切さ」をお話頂いた。事例をあげて頂き、個々に考える場面もありながらとてもわかりやすくお話頂いた。様々なこどもとの関わり、保護者との関わりの中で自分の人間性を高めていく大切さを学んだ。最後に、武石先生のリトミックや身体表現を通じて保育士のすばらしさを学んだ。今回は、武石先生のご経験や大事になさっていることをお聞きすることができとても貴重で壮大な内容だった。
コロナ禍の中、フェイスシールドを着用し感染症対策をしながらセミナーを開催した。市内の養成校や保育施設のご協力により、相模原市で保育士を目指す方に向けて励まし、応援するセミナーを無事終えることができた。
保育士は、コロナ禍であってもこどもたちや保護者の方にとって大事な存在である。短い時間ではあったが2日間の学びが今後のみなさんの活力になればと願っています。

保育士就職支援セミナーの写真1保育士就職支援セミナーの写真2

区切り線

12月 センターたより

センターたよりの画像

※画像をクリックすると拡大します。(新しいウィンドウで開きます)

区切り線

8月29日 保育のWeb就職フェア

  • 8月29日(土曜)12:30~16:30
  • 対象:相模原市内私立保育施設での就職を考えている方

本年度は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、対面式の就職説明会をオンライン様式に変更し「保育のWeb就職フェア」をZOOMにて開催致しました。
相模原市保育課からのご挨拶にてフェアがスタート。相模原市の保育士さんのご活躍、そしてこどもたちの育ちを願うお言葉でした。
そのあと「保育士さんと♪歌おう・遊ぼう・学ぼう」に保育園ピノの保育士さんが出演してくださいました。大きなハンカチを使って遊んだり、手遊びを教えて下さり画面に向かって子どもと遊ぶ様子を臨場感たっぷり伝えて頂き、現場で役立つ内容でした。あたたかい優しい保育士さん、保育士を希望する方の模範となる雰囲気いっぱいで届けて下さいました。
そして、6法人の説明会を20分づつ休憩をはさみながら実施。各法人様の個性や方針などが伝わるもので、各法人様動画や写真などを取り入れ、Webを活用した説明を頂きました。
コロナ渦であっても、保育士は必要としており子どもたちの成長のために今後も保育士等の人材確保は市でも力をいれて参ります。イベントも状況によっては今回のようにオンライン形式にするなど工夫をしていきたいと思います。
相模原市就職支援センターでは保育士さんの就職支援を行なっておりますので、保育士を希望している方はどうぞご利用下さい。登録後は、オンライン相談も可能です。電話042-700-1618の清水まで、お待ちしております。

保育のWeb就職フェアの写真1保育のWeb就職フェアの写真2

区切り線

7月 センターたより

センターたよりの画像

※画像をクリックすると拡大します。(新しいウィンドウで開きます)

このページの先頭へ